banner

犬の耳は健康のバロメーター

犬は耳が大きく、垂れている場合でも汚れることが多いと言われています。
人間も定期的に耳掃除をしますが、思いもよらず汚れていることがありますね。
犬の耳のケアは、おおよそひと月に1回から2回の頻度が望ましいと言われています。
シャンプーをした日は必ず耳のケアもするとか、そう言う風に習慣づけると良いでしょう。
犬の耳は、健康のバロメーターとも言われています。

人間用の綿棒を使い、犬の耳を適度に広げて、内側から外側に向かって、
優しく撫でるように拭きとり、ケアします。
耳専用のクリーナーもあるそうですが、必要に応じて使うと良いでしょう。
耳のケアをしている時に、必要以上に臭いが気になったり、色が濃い場合には動物病院を受診することをオススメします。

犬の耳同様にケアが大切なのが眼です。
犬は人間と同じように多少のめやにが出ます。
このめやには、ウエットティッシュや、湿らせた清潔な脱脂綿などを使い、
優しくふき取ってあげましょう。
犬種によっては、めやににより、涙やけをすることがあります。
涙やけも、めやにと同じように、優しくふき取ってあげるようにします。
眼のケアは、耳のケアと違い、毎日行うようにします。
めやにが多い時、涙やけが激しい時には、動物病院を受診するようにしましょう。

犬のデンタルケアの方法

犬は人間と同じように歯が生えていて食事をとります。
歯を使っての食事をする動物は、人間同様に歯垢がたまり、
デンタルケアをする必要があります。
犬は唾液の性質から、人間のように虫歯にはなりにくいそうですが、
歯石や歯周病にはなりやすい性質があるそうです。
その事を考えると世田谷 人気ペットサロン トリミングタウン
ペットにあったサロンを見つける事が大事だと思います。

食後には毎日歯のチェックを行い、歯が変色していないか良く観察しましょう。
茶色に変色し、固くなっているようなら歯石が蓄積している証拠です。
デンタルケアの方法として、最初は、濡れたガーゼを指に巻いて口の中に入れる練習からスタートします。
慣れてきたら、歯ぐきを優しくマッサージしたり、歯を拭きとるようにします。
始めは嫌がることが多いですが、めげずに地道に取り組みましょう。

歯ぐきや歯を触られることに違和感がないようなら、
歯ブラシにチャンレンジします。
犬専用の歯ブラシを使い、歯ブラシの感覚にも慣れてもらいましょう。
ここまでクリアできたら、前歯や両サイドの歯を少しずつ磨いていきます。

こうして徐々に歯磨きの習慣をつけて、最終的には奥歯の内側まで磨かせてもらえるようにします。
自宅以外では、トリミングの際に、デンタルケアも行ってくれるサロンがあるので、
定期的にデンタルケアをお願いするとよりベターです。

ジョイフレンズ 横浜のペットホテル・トリミングサロン - JOY FRIENDS
ジョイフレンズ 横浜のペットホテル・トリミングサロン - JOY FRIENDS

Copyright(c) 2014 東京23区内のトリミングサロン紹介 All Rights Reserved.